2007年03月05日

雌炎

ひなまつりの日。

私は久しく会っていなかった友人H(♀)に会うべく新宿へ出かけました。

Hは言語聴覚士というむずかしそうな職についているのですが
私が生まれて初めて組んだバンドのメンバーでもありました。
最初だから勿論コピーで、しかも私はギターで、演奏したのはグリーンデイ。
・・・遠い昔のように感じている想い出です。

そんな友人Hとの食事、そしてお茶。
近況報告からはじまり、あれやこれや話していたのですが、
楽しい時間は過ぎるのが早いもの。帰りの時間が近づいてきました。
そこで別れ際にふと思い立ち、携帯のカメラで一緒に写真を撮ることに。
携帯の背を自分たちに向ける、いわゆる自分撮り。
これがなかなか、うまくいきません。
かならず二人が1:2の比率で映ってしまう。
そこで私たちは、他の手段を思いつきました。
プリクラです。

眩しい蛍光色と安っぽい騒音の交錯する新宿のゲームセンターへ。
入り口を入り、ずんずん進んでいくと、、、ありました!
奥の方に、色とりどりのカーテンの下がった、試着室みたいなボックスが。
何なのでしょう、あの迷路のようなカーテンは。
お絵かきスペースがいくつも分かれているのは何故。
街頭の小さなしょぼい機械に行列が出来ていた高校時代が懐かしい。

とにもかくにもカーテンを開け、突入です。
27歳の雌二匹は戸惑いながらもコインを入れ、撮影に突入したのですが・・・
は、速い!ぜったい昔の機械の方がゆっくり撮影してくれた!
間抜けなキョトン顔のオンパレードです。
『この中から6ポーズ選べるよ♪』のすべてが選びたくない表情。

あまりの悔しさに雌炎がメラメラ、、、
無言で頷きあう、二人。
もう一枚、撮ることにしました。
次は上手に撮ってやる、ギャルみたいに撮ってやる、
遠近法とか用いてしまうんだから。

そしてこれ以上ないほどの集中力で、私たちはやってのけたのです。


自信作をご覧ください。



?Y?t?f?[?^0303n.JPG



お絵かきは、最初の一枚でやり尽くし、飽きました。
posted by 奥村愛子 at 23:59| 日記
Copyright(c) okumuraaiko.com ALL RIGHTS RESERVED.