2007年11月26日

28歳の法則

テレビで年賀状のCM、やってるねえ。
確かに今から準備しないと、書く人は間に合わなくなるもんね。

んー・・・

いつだっけ。
書かなくなったのは、大学生になってからだっけ。
いや・・・高校の時にはもう書いてなかったかも。
うちは両親があまり書かないので、昔から書く習慣があまりないの。
そのかわり、来た分のお返事は気合い入れてウキウキで書くんだけど。
なんか、書かなくなった。
私くらいの歳の人は結構多いんじゃないかしら?
まあ電子メールで一斉に、って人も増えたしね。

いい習慣だとは思うんだけど。
年に一度の近況報告。しかも手書き。
お金のかからないプレゼント。
写真入りだったりすると、受け取った方はすごくテンションあがるし。

でも、どこまで書いたらいいの?っていうのが大問題で。
きりがないんだもん。お世話になった人挙げていったら。
あの人に書くならあの人にも書かなきゃとか
そういうしがらみがいちいちストレスになるし、
喪中だったら失礼だしどうしようとか考えちゃうし、
学生のころと違って住所録とかがないから宛先がわからないし、
書くなら手書きで(印刷ソフトとか使う手順がよくわからないというのもある)
色ペンとか色鉛筆とか使って書きたくなっちゃうので
気が遠くなるほど時間を費やしてしまう。

とかいろいろ考えてると、面倒だから、
結局全く書かないという方向へ・・・。

そんなもんだから、毎年届く年賀状もめっきり少なくなった。
毎年届く枚数は想像がつく。(DMとか会社関係のは除いて)

結婚した友人の数 + 子供が産まれた友人の数 = 届く枚数。

これ、28歳の法則。(まだギリギリ27だけど!)
結婚ラッシュと出産ラッシュのお年頃だからこそね。
結婚と出産のあとは写真入りがほとんどだから、見ていて楽しい。
出産の年じゃなくても、成長過程を送ってくれたりする人もいる。
子供の写真も可愛いけど、それを一生懸命レイアウトして刷った
親バカちゃんたちの顔を想像すると微笑んでしまう。

だから・・・

来年は三枚。
posted by 奥村愛子 at 18:16| 日記
Copyright(c) okumuraaiko.com ALL RIGHTS RESERVED.