2007年04月22日

不思議感

先日 丸の内にある
コットンクラブというところへ
ライブをみにいきました。

初めて訪れたところだったんだけど
ボックス席もあってブルーノートみたいな雰囲気で
お酒を飲みながら観るような場所だったんですね。

私は女友達と2人で行き、あらかじめ決められていた席に案内されました。
そこで案内されたところが、長テーブルで、
2人一組で来た人が向かい合って何組か座ることができる席だったのですよ。

そういう席に案内されて座った私たちですが、
隣の席に、同じように向かい合って座っている男女がいたんです。
その男女はすでに何か食べ物を頼んで、
お酒を飲みながらゆっくり開演を待っているようでした。

私の方からは、ちらりと男性の顔が見えました。

ん?

知ってる。確かトロンボーンを前に一度吹いてくれたひとだ。
アシッドハーレムのトロンボーンが病欠したときに
一度だけ代わりに来てくれた、あの彼のような・・・

二度見してみました。間違いない。

でも 明らかにデート中のようだったので
話しかけず、そっとそのままにしておきました。
こんなムードのある場所で
「あっ おつかれさまですー その節はどうもー」
とか 言えない。

・・・と、その彼がちらりと私の方を見ました。
向こうも二度見してきました。

しかしこっちが無視を決め込んだので向こうも何も言ってきませんでした。

正解だったと思います。

そして不思議な感じを残したまま、帰りました。
posted by 奥村愛子 at 18:45| 日記
Copyright(c) okumuraaiko.com ALL RIGHTS RESERVED.