2007年03月28日

今宵は渋谷

image/okumuraaiko-2007-03-28T11:47:16-1.jpgimage/okumuraaiko-2007-03-28T11:47:16-2.jpg

桜餅

と がっつくBASS田名網氏(美しくない!)

昨日のリハーサルでSAX渡辺氏よりいただきました。

春です。


あ、携帯を機種変更したのでどのくらいの写真サイズでアップされるのやらわかりません。
見辛かったらごめんなさい。


時に皆さん。
今日は渋谷でライブです。
予約たくさん、ありがとうございます。

全然ライブ情報更新してないから気付いた人もいるかもしれないけど
実は4月と5月はレコーディングに集中しようと思ってるので
明日以降2ヶ月ほどライブをおやすみする予定です。

言うの遅いけど。

ちなみに私の出番は20:15予定です。
面白いイベントになりそうなのでお時間ある方は是非頭からおいでくださいね。


では。
そろそろ準備して行って参ります!
posted by 奥村愛子 at 11:47| 日記

2007年03月20日

070319_2149~0001.jpg

アンケートボックスをね。

つくってみたんです。

手作り感あふれる箱に仕上がりました。
派手かなあ。

ライブ会場の受付に置いてもらう予定。
この中に、どうぞ言葉を投げ入れていってください。
この子がしかと受け止めます。
あなたと私をつなぐ、四次元ボックスなのだ。


関係ないけど。
もしもボックスがあったら
どのもしもを選ぼうかすごく悩んでいるうちに
自分がどうしようもない強欲な人間だと気づいて
情けなさに自暴自棄になりそうな気がする。

過去にまつわるもしもは、なるべく考えないほうがいい。
設定を変えるってことは過去に固執してる証拠だもん。
プライドがある限り、今の設定で勝負するしかない。

もしも、もっと頭がよかったら・・・
もしも、もっと美しかったら・・・
もしも、あの時勇気が出せたなら・・・
もしも、あんなことを言わなかったら・・・
もしも、もっと早く出逢っていたら・・・

変更がきかないからこそ、もしもに意味があるんだよねぇ。
それが本当にIFでなくなったなら、
この先に奮起するものも何もないわ。

もしもボックスなんていらないもんね!
時間なんかに負けないもん!


新魔界大冒険が観たい。
posted by 奥村愛子 at 00:13| 日記

2007年03月19日

風呂チェック完了

・・・つくづく
女というのは
自分勝手でばかだなぁと思う。

ばかだなぁと思いながら

歌詞を書いた。

しあわせな歌詞を書いた。
私にとってのしあわせだから
他の人が読んだら悲しいのかもしれないけど、

とてもしあわせな歌詞ができた。

お風呂で歌っていたら泣けてきた。

来週スタジオで朗読しよう。
メンバーあつめて。
お黙り。お座り。お聞き。
そして読み上げよう。

今月ライブでやろうかなぁ。
posted by 奥村愛子 at 03:02| 日記

2007年03月18日

黄昏赤坂

少し前までは、歌の録音スタジオがあったので
とてもよく通っていたところなのですが。

久々に行ってまいりました。赤坂。
やたら上を見上げることの多い街です。
高層ビルの間に道がある、そんな印象。

特に、TBSの横に建てられている最中のビルの大きさには驚きました。
アルバム『虹色ナミダ』を録音していた時には
ぽっかりと広く何もなかった土地に・・・あんな大きな建物が!
すごいです。一体あの中で何人が生活するようになるのでしょう。
新しいエンタテインメントが産まれてゆくその場所が
今刻一刻と築きあげられているのですねえ。
何に使われるビルかはよく知らないんですけど。

そんな今夜、なぜ赤坂の地に降り立ったかといいますと
わが奥村バンドのサックス、渡邊勇人氏が所属する
ビッグバンドのライブを観にいくためだったのでした。
その名もYossy Big Band。
3時間の長丁場を飽きさせず、歌ありゲストあり寸劇ありと・・・
華やかで楽しい気分になれるライブでしたよ。
ジャズ未体験の方でも楽しめることうけあいです。

ちなみになんと勇人氏は寸劇で主役をはっていました。
言葉が出ませんでした・・・

AcidHarem(以前私が演奏してもらっていたビッグバンドです)の
メンバーも何人かおりまして。
久々に会ってお話ができて、良いひと時でした。

070317_2244~0001.jpg

彼は清水洋之助氏 
AcidHaremでもテナーを吹いていた御方であります。
元気そうでなによりです。
posted by 奥村愛子 at 02:19| 日記

2007年03月17日

惚れたら地獄

昨日
テレビをつけたらやっていたのです。

『新・極道の妻たち 惚れたら地獄』

極妻シリーズ、実は初めてちゃんと観たの。
「極道の男に、惚れたら地獄・・・」
いやぁ、すごかった。
こんなんありかという事件ばかり勃発。
そして岩下志麻さんの男らしいこと!
任侠映画、おもしろいね。

この先、生きていれば、多かれ少なかれ
何かに対して決着つけなきゃいけないことが出てきます。
窮地に陥った時こそ凛としていたい。
迷ったときこそ強く決断しなくてはならない。

別に今何もないけど。

「撃ちな」

そんな気分なんです。
決着と書いて《けじめ》です。
posted by 奥村愛子 at 03:48| 日記

2007年03月10日

春色

パールの入っていない、
マットなネイルカラーが好き。
(マニキュアってことばの響きはなんだか女帝な感じがする)
短い爪には、マットな色が似合う気がする。
マットに飽きたら、ちょっとだけラメを重ねることはあるけど
土台のカラーはパールなしが好き。

キラキラ石とかビーズは、つけない。アートもしない。
その代わり、割と主張する色を選ぶ。
オモチャみたいなピンクとかレッド、グリーン、水色、パープル。
絵の具をそのまんま出したみたいなキッズ色が好き。
気に入った色を見つけたらそればっかり使ってしまう。

でも秋冬はやっぱり落ち着いた気分になりたいらしく
最近まで柔らかいミルクブラウン色を塗ってばかりいたのだけど
そろそろ、ピンクやグリーンや水色を、目が欲してきた。
春が近づいてきた証拠ね。

でも昨夜は、ピンクを塗って、おとして、
チェリーレッドを塗って、おとして、
やっぱりブラウンにしました。

落ち着く・・・。
まだ少し冬。
posted by 奥村愛子 at 16:09| 日記

2007年03月05日

雌炎

ひなまつりの日。

私は久しく会っていなかった友人H(♀)に会うべく新宿へ出かけました。

Hは言語聴覚士というむずかしそうな職についているのですが
私が生まれて初めて組んだバンドのメンバーでもありました。
最初だから勿論コピーで、しかも私はギターで、演奏したのはグリーンデイ。
・・・遠い昔のように感じている想い出です。

そんな友人Hとの食事、そしてお茶。
近況報告からはじまり、あれやこれや話していたのですが、
楽しい時間は過ぎるのが早いもの。帰りの時間が近づいてきました。
そこで別れ際にふと思い立ち、携帯のカメラで一緒に写真を撮ることに。
携帯の背を自分たちに向ける、いわゆる自分撮り。
これがなかなか、うまくいきません。
かならず二人が1:2の比率で映ってしまう。
そこで私たちは、他の手段を思いつきました。
プリクラです。

眩しい蛍光色と安っぽい騒音の交錯する新宿のゲームセンターへ。
入り口を入り、ずんずん進んでいくと、、、ありました!
奥の方に、色とりどりのカーテンの下がった、試着室みたいなボックスが。
何なのでしょう、あの迷路のようなカーテンは。
お絵かきスペースがいくつも分かれているのは何故。
街頭の小さなしょぼい機械に行列が出来ていた高校時代が懐かしい。

とにもかくにもカーテンを開け、突入です。
27歳の雌二匹は戸惑いながらもコインを入れ、撮影に突入したのですが・・・
は、速い!ぜったい昔の機械の方がゆっくり撮影してくれた!
間抜けなキョトン顔のオンパレードです。
『この中から6ポーズ選べるよ♪』のすべてが選びたくない表情。

あまりの悔しさに雌炎がメラメラ、、、
無言で頷きあう、二人。
もう一枚、撮ることにしました。
次は上手に撮ってやる、ギャルみたいに撮ってやる、
遠近法とか用いてしまうんだから。

そしてこれ以上ないほどの集中力で、私たちはやってのけたのです。


自信作をご覧ください。



?Y?t?f?[?^0303n.JPG



お絵かきは、最初の一枚でやり尽くし、飽きました。
posted by 奥村愛子 at 23:59| 日記

2007年03月03日

27

いやはや
お祝いコメントなどいただいてしまいまして・・・

どうもありがとう。恐縮です。


まぁ去年は去年で激動だったんだけど、
27歳も『動』な感じで行けたらなと思います。
ここ何日かで、また新しいことも始められそうな気配を感じています。
いろいろね、やるわよ。


ちなみに、知人からもお祝いメールなんかをもらったんだけど、
今年一番にくれたひとは、なんと


松井五郎さん  でした!!!


いわずと知れた大御所作詞家の方でございますが。
何かと、マメに連絡をくれる優しい方なのです。感謝。
posted by 奥村愛子 at 04:36| 日記
Copyright(c) okumuraaiko.com ALL RIGHTS RESERVED.