2006年12月31日

大晦日

あまり実感がなく、終わらない掃除に大した焦りもないんだけど、
今日って大晦日なのよね。

2006年も今日で終わりか。
一年に、始まりと終わりがあるのって、区切りがついていい。

実に色々な出来事があった一年でした。
環境も変わったし、心持ちも変わった。
このサイトをオープン出来たのも、うれしかった。
周りの人たちへの感謝で何度も泣きそうになったり、
新しい大切な出逢いに胸がいっぱいになったりもしました。
2006年があって、本当によかった。

完璧ではないけれど、まっすぐに生きられた一年だったと思う。
めまぐるしかったな。

それぞれ皆さん、お正月の準備をしていることでしょう。
いい大晦日になりますように。
私は年始しばらくのんびり休ませていただきます。
奥村家では元旦に父方の親戚が集まります。
女子大生の従妹をからかって楽しむ予定です。

それでは、よいお年を。
posted by 奥村愛子 at 03:22| 日記

2006年12月28日

遭遇

久しく会ってなかったひとに偶然出会うと
それだけでどきどきして、気分が上がる。

つい先日、ナチュラルハイのユウちゃんとカオルコちゃんにばったり会った。
彼女たちとは、音楽番組で会ったり金沢のラジオ局で会ったりと
今まで変わった会い方が多かった気がする。
そのうち何かで絡めたらいいなと思うのです。
とても息の合った二人を見て、少々一人を寂しく感じたわ。
まぁ私は一人が性に合ってると思うんだけども。

あとこの前下北でばったり、CHEETA(中ノ森バンド)に会った。
メールはしてたんだけどなかなか会えなかったの。
相当久々だったので、驚いたわ。3年ぶりくらい?
彼女とは昔からのお友達なのです。
ちいたともいつか一緒に何かやりたいな…。

ちいたと下北.jpg

私、より目気味。


遭遇するって、すごい。
一人のラインと、全く違う人のラインが重なる瞬間。

周りの人ひとりひとりについて、
何でこの人と出逢ったんだろうって考えると
それはそれは神秘的なものを感じる。

なかったら良かったっていう出逢いは、幸い、思いつかない。
もっと早く出逢いたかった、って思うことはある。
結構つよく、思う。どうにもならないんだけどね。
だけど。そう思えることが、とても、うれしい。
posted by 奥村愛子 at 16:45| 日記

2006年12月22日

ライブ終了報告

こんばんは。

報告がおそくなってしまったけれども
17日のライブ、無事終了しました。
来てくれた皆さん、遠くから応援してくれてた皆さん、本当にありがとう。
幕が上がった瞬間、笑顔がいっぱい見えて、幸福を感じました。
ノロが流行ってるし来られない人多いかしらと危惧してたんですが
本当にたくさん来てくれたようで嬉しいばかりです。
スタッフに回収してもらったアンケート、また今読んでます。

楽しいイベントでした。
scopeのアンコールでhalosの草階さんと私が呼び込まれ
この時期お決まりのクリスマスソングをみんなで歌ったりもしましたね。
いい空気だった。イベントに呼んでくれた長谷山くんに感謝。

限定カクテルのブルーマルガリータ、
私も飲んでみた。結構つよいお酒でした。

ブルーマルガリータと大ちゃん.JPG

この、手に持ってる青いのが、ブルーマルガリータ。
ライブ後、既に酔っ払ったベースの大ちゃんと。
私はscopeアンコールのときに着てたscopeTシャツのまんまです。
自分の出番のときと服も髪型も違うけど、私です。

私は一時間弱、新曲ばかりやったので
CDになってる曲を演奏してほしいと思っていた方にはごめんなさいでした。
考えがあってのことなので、ゆるしてね。
そのうち気が向いたらやると思います。
バンドも段々まとまってきたし、
これからもっといいライブにしていくので、期待していてください。
posted by 奥村愛子 at 03:29| 日記

2006年12月17日

ほど良く晴れた午後

さて。

ライブです。

行ってきます。

たのしみーー。
posted by 奥村愛子 at 13:58| 日記

2006年12月15日

マルガリーータ

皆さん、お酒って飲みますか?
私は、割と飲めるんです。
飲み会とか、積極的に参加する方です。

でもね。
最近、そこまで好きなわけじゃないんだと気づいたの。
とはいえ、今まで酒に飲まれることが多かったので、
私を知る人は、よく言うよと思うかもしれないけど。

「酒自体が好きなんじゃなくて、飲みの席の空気が好きだ」
っていう人はよくいると思う。

でも、私の場合、それじゃない気がする。
お酒好きなときは、ちゃんとその味も好きでいると思う。

そうじゃなくて、最近本当にそんなに好きじゃなくなってきたの。
理由は解かってる。
最近周りに飲まない人が増えたから。

そこでね、自分の嗜好が周りのひとに左右されるってことに気づいたの。
飲まない人と一緒だと、あんまり好きじゃなくなる。
その一緒にいる相手が、お酒を好きじゃないから。

合わせようと無理してるわけじゃないのに、
自然と嗜好が変化している。
これは別に相手が男性であろうと女性であろうと関係なく。
きっとその場に一番心地よい空気を無意識に探り当てようとしてるんだと思う。

思えば、お酒だけじゃない。
食べ物とか、読む本なんかも、人の影響で色んなものに手を出して
結果、すごく好きになったりしちゃう。

これは一般的に嗜好というものが実は浅薄なのか、
私の嗜好が揺るぎやすいだけなのか…。

まぁこれは人によるか。頑固な人は譲らないもんね。
私は音楽以外では、割と他人に影響されやすいタイプだと自覚してるけど、
それにしても、軽々しすぎやしないかしら。
あぁ裏切ってごめんね、今までの私。って思う。

人に左右されるなんてあまりにも軽率だ、と愕然とするけれども、
一方で、ちょっと素敵かもしれないと思っている私もいる。
人に出逢って、その人の空気を探って、合わさろうしているこの性を。
寄り添おうと思う気持ちのひとつかもしれない、と思う。

でも、誰しもそんなところあるよね。
人と人とは、きっと影響させあいながら変化して生きている。
それを成長と呼ぶこともある。(プラス思考)

私の中身は、現時点での私の中身、に過ぎないのかもしれない。
私自身は、しっかり立っているつもりでも、
周りが流動している限り、私自身も僅かに流動している。
留まっているものなんて、ひとつもない。
だから、みんなその形を探ろうとするし、残そうとするんだろうと思う。


お酒の話から相当飛んでしまいました。

大体、なんでお酒の話したかっていうと、
カクテルの名前にちなんだ新曲を歌うからなんですよ。
最初はそんなリアルな話しようと思ってたのに、この様だわ。

日曜日のデセオで、
その新曲にちなんで、限定カクテルをつくってもらうことになったの。
あーもう、ネタバレとかめんどくさいからいいや、言っちゃう。
《街角マルガリータ》って新曲をやるのね。
それにちなんで17日限定の“ブルーマルガリータ”を出してもらうことになったの!
ので、よかったらお味見してみてください。

『最近お酒飲んでないんだけど、みんなと一緒に飲みたいわ。』

それが言いたかったの。
あー長かった。

ところで、
日曜日のチケット、ソールドアウトだそうです。

ありがとう。
ありがとう。
posted by 奥村愛子 at 16:30| 日記

2006年12月11日

ライブ間近です

061209リハ1.jpg 
061209リハ2.jpg


クリックすると大きくなる、という写真の表示の仕方を
この前やっと覚えた。サムネイル、って何だろ。
サムネイル…
なんか魚っぽい。あと冬っぽい。そしてちょっと眠そう。
posted by 奥村愛子 at 16:45| 日記

2006年12月07日

そんなメールをいただいて。

よくぞ言った!

そこまでちゃんとした気持ちならば。
つぼみのまんまで冷凍しちゃったら、可哀想だったと思う。
誰かを心から想うことなんて、思えば結構な奇跡なんだから、
その瞬間を逃さなかった彼女の判断は、ステキだ。
正しかったかどうかではなく、私はその方がすきよ。
相当くるしかっただろけどね。がんばったねぇ。

痛いもんは、ちゃんと痛いなぁ、って感じておいた方がいい。
痛みをちゃんと痛みとして認識するとね、
知らないうちにちゃんと前に進めるもんだと思うの。
未練てのは、暗いイメージがあるけど
案外すごいパワーになり得るんだよ。
色恋に拘らず。ね。



先日メールのページから、とある恋の相談メールをもらっての、感想でした。
話してくれてありがとう。>■■さん
たまにそういうメールもらうんだけど
(というかメールとかお手紙くれるのは女性が多いのだけど)
私なんかでよかったら何でも聞くので、遠慮しないでどうぞ。
お返事はちょっと待っててね。


では、
また。
また。
posted by 奥村愛子 at 23:53| 日記

2006年12月01日

リハの咲くころバルセロナへ

リハーサルの雰囲気がどんな感じかという質問があったのでお答えします。

その空気としては和気藹々としておりまして
基本的にゆるーく始まりゆるーく終わる、という感じです。
演奏では関ちゃん(ギ)と佳代ちゃん(ケ)が常に火花を散らしてるけども
そういうバトルは素敵なのでどんどんやってハピネスであります。

進行としては、あたしがメンバーに送った曲デモを聴いてきてもらって
それを元にセッションしつつバンドアレンジを固める、という具合です。
メンバーが変に私に遠慮せず「あれはどうかこれはいかがか」と
建設的なアイデアを出してくれるのが、とても刺激的でバッチコイなわけです。
みんな美味なセンスの持ち主なので、世界がぐぐんと広がるのです。
表現力を駆使し、わけのわからない擬音語が飛び交う数時間。
あまりおいたが過ぎると土屋ネコパンチ(前記事参照)が飛ぶのであります。
一発で首まで地に埋まると、市井ではもっぱらの噂です。

ちなみに、今使ってるスタジオは学生の頃にも練習してたところでね、
久々に行ったら変わってなくて、懐かしかったです。
青春の何ページかが蘇りました。
甘酸っぱい。

そしてこんにちは、師走。
posted by 奥村愛子 at 03:17| 日記
Copyright(c) okumuraaiko.com ALL RIGHTS RESERVED.